フォトギャラリー|泰山印刷博物館 活版印刷の「古典複製」

ソース:中国孔子網作者: 2022-08-01 15:53

  泰山印刷博物館は泰安ハイテク区泰山出版城デジタル印刷工業園にあり、中国の印刷文化の伝承と普及を特色とし、印刷技術の体験を通じて中国古代の製紙と印刷技術の知恵を再現し、完成後まもなく、若者たちの新しい「観光スポット」となっている。

  泰山印刷博物館の展示室の面積は1,400平方メートルで、国内外の印刷出版分野の代表的で収集可能な印刷機器、書籍、文献を300セット以上収蔵している。古代における印刷の起源から、近代における印刷産業の発展まで、中国における印刷の歴史を総合的に紹介している。

  

  宋の慶歴時代(1041〜1048)、卒昇は初めて粘土板を作り、本の印刷を容易にした。その後、木、錫、銅、鉛でできた可動式の活字版で本を印刷するようになった。

 

  活字印刷の時代には、活字鋳造師が銅の型に熱い鉛を流し込んで機械を操作してきれいな活字を鋳造し、活字拾い師が膨大な活字枠から必要な活字を巧みに拾い出し、植字師が活字ブロックとリード角を組み合わせてレイアウトし、最後に印刷師に渡して油絵印刷をさせたものである。

初期の印刷機展示

1853年 ドイツハイデルベルグ風車プレス「リトルモンスター」

中古タイプライター展示

1900年 アメリカ・グーテンベルグ社製手回し式印刷機

編集:张懿程

文章と写真の著作権は元の作者に属します。侵害があれば、削除に連絡してください。