山東省から見る文化の「二つの創造」 ナイフで壮大な章を刻む、石に世界の本質が見えてくる

ソース:中国孔子网作者: 2022-07-12 11:12

  硯は中国の伝統的な筆記具・画材のひとつであり、硯の文化は古今東西、中国文化の重要な一部である。臨朐赤糸硯はその中で一番綺麗で鮮やかなほうである。

  劉文遠は赤糸硯を作る芸人の代表的な職人で、従来の実用的な彫刻から装飾的な彫刻へと徐々に移行している。

  紅糸硯の加工工程は「石選択、敷き込み、設計、製作、研磨、蝋付け」の6段階であり、彫刻の主な刃物技法は、切刃、腹刃、側刃、飛刃、しぼり刃である。

  無形文化遺産の継承者の絶え間ない努力により、多くの人が硯彫りの愛好者となり、その技術により、多くの硯彫りが国外に流出し、日本、シンガポールなどの国でも高い評価を受けるようになった。

編集:张懿程

文章と写真の著作権は元の作者に属します。侵害があれば、削除に連絡してください。