山東省から見る文化の「二つの創造」 文化に浸る切り紙、未来への筆書き

ソース:中国孔子网作者: 2022-07-12 10:55

  「中国民間芸術の故郷」、「書画の故郷」、「芝居の故郷」と呼ばれる臨朐県は、深い文化遺産と豊かな文化力を持っている。

  切り絵(紙彫りともいう)は、中国で最も古い民芸品のひとつで、透け感があり、視覚的にも芸術的な楽しみがある。臨朐の北楊善村には、伝統文化を切り絵で伝えるだけでなく、現代の物語を解釈することもできる器用な切り絵師たちがいて、古代の芸術に新しい息吹を与えている。

  

  切り絵(紙彫りともいう)は、中国で最も古い民芸品のひとつで、透け感があり、視覚的にも芸術的な楽しみがある。臨朐の北楊善村には、伝統文化を切り絵で伝えるだけでなく、現代の物語を解釈することもできる器用な切り絵師たちがいて、古代の芸術に新しい息吹を与えている。

  新年画は、中国の人々が幸運を祈り、新しい年を迎えるために用いる民芸品の一種で、中国独自の絵画ジャンルである。元々、濰坊の楊家埠木版画から始まった臨朐正月画は、次第に臨朐の民俗布芸、彫刻、石彫などを取り込み、最終的に独自の芸術様式を形成するようになったのである。

  崔艶紅は1980年代生まれの手描き正月画家で、子供の頃から絵を描くのが好きだった。机と筆と正月絵が彼女の一日であり、10年以上かけて手描きの正月絵の技を守り続けてきたのだ。

  文化の隆盛とともに、臨朐の手描き正月絵は再び発展の春を迎え、手描き正月絵は臨朐の独特な文化ロゴとなった。

編集:张懿程

文章と写真の著作権は元の作者に属します。侵害があれば、削除に連絡してください。